フリーランスで『食う』『寝る』『遊ぶ』

フリーランスで食べて寝て遊んでる人間のブログです。ところで『稼ぐ』は?

『ゲームは』1日1時間

ゲームの達人として人気を誇った高橋名人の名言

「ゲームは1日1時間」

子どもながら「目が悪くなるからかな」とか考えました。

そもそもそこまでゲームをする子どもではなく

どちらかといえば外で運動をすることが好きで

友達とゲームをした思い出はそこまでなかった。

ただ、「ゲームは1日1時間」のフレーズだけは

いまなお覚えています。

今、こうして大人になって時間の大切さを知り

「ゲームに何時間も時間を使うのは勿体無い」

ということではなく、僕たちはゲームだけではなく

いろいろな楽しみを持つべきということではないか。

子どものころよりゲームをする機会が増えて

「これは子どものころに遊んでたら楽しかっただろうな」

「その時間でしか味わえないゲーム体験があったんだろう」と

悔やむことさえあります。

話を戻すと、『ゲームは1日1時間』という言葉。

この言葉を分解すると『ゲームは』『1日1時間』となります。

これ、『1日1時間』に注目すると考えさせられることがあって

子どもって机に向かって1時間勉強するだけでも結構大変だと思うんです。

大変というより苦手意識を持っている子どもが多いかな。

でも、勉強もゲームも共通してできるようになると面白くなりますよね。

もちろん、運動もそうだし、何でも共通して言えることで。

そしたら、いろいろなことができるようになったら

たくさんの楽しみができていいんじゃないかなって。

『ゲームは1日1時間』しかしてはいけない、ではなく

『ゲームを1日1時間』集中して何かほかのものにも集中してみよう

というメッセージなのではないかなと腕を組んで結論に至ったところで

『ゲームは1日1時間』で検索したらそんなニュアンスを持ったメッセージだそうです。

『ブログも1日1時間』で書けたらいいんですけどね。

今日はいつもとは何か違う

自宅で文章を書くよりも
移動中に文章を書く方が
作業効率がいいことがある。

個人的には新幹線の車内での進捗は
通常の1.5倍は早いと思う。

実際は大した変化ではないかも
しれないけど、その感覚がある。

いつもと違う環境で作業を行う
ことによる単なる錯覚だとしても
作業効率が上がることはいいこと。

これは僕にとって気のせいかもしれない。

・・連日の暑さで体調不良を訴える人が
続出しているためか救急車が走る頻度が
多くなっていることは気のせいではない。

冒頭で話した通常とは違うわずかな変化。

フリーランスはこの変化に敏感な方が多い。
個人の習慣・ルーティン化されているものが
あるとしても同じことの繰り返しばかりでは
ないはずで、「今日はいつもとは何か違う」
と感じる機会が多いためだと思う。

今年の夏の暑さも大多数の人が「異常」だと
感じている。
評論家には「災害」とさえ言われるほどにだ。

しかし、考えてみれば今の平均気温32度前後。

これはつい2、3年前までは「最高気温」で
当時の人にとって「異常」な気温だったはず。

ただ、今では35度前後は「平均的な夏の気温」
となりつつある。

人間の「慣れ」ほど怖いものはない。
変化する環境に対応しているとも取れるけど
人間の身体の構造まで対応しているわけではなく
水分不足になれば脱水症状になるし
熱中症になれば倒れ、最悪死に至る。

これだけ注意喚起を促されていても
実は対策できていない人はできていない。
こまめに水分補給をすればいいのに。
こまめに休憩を取るようにすればいいのに。
この「こまめに」を怠りがちである。

そこにはきっと気温の変化以上に
体調の異常に気づけない人がいるからだと考える。

「今日はいつもとは何か違う」
この変化に気づける、気づけないは
生きていくうえで大切な力で
人間であれば誰しもが持っているはずだから
いざという時に発揮できるようにしておけば

「今日はいつもとは何か違ったんだ」
そう落胆する可能性は低くなるはず。

 

『飽き』ずに続ける習慣を付ける

f:id:nearpinlog:20180724195726j:plain

僕がフリーランスとして働きはじめて今年10月で2年が経過します。

今はどのような仕事をしているかはそのうち話すつもりですが、、

僕は「会社員としての肩書きを捨てて、自由に働く道を選んだ」

などという夢のあるようなスタートではありませんでした。

 

まず、大学を卒業後、2年間『無職』でした。普通あり得ないです。

2年間どのように過ごしたかは、、これもそのうち話すとして

大学卒業して社会人にならなかったのは、大学在学中に統合失調症になり

就職活動も(教員志望でしたが)教員採用試験も受験しなかったためです。

※この統合失調症は、僕が持っているある病気の併発だと考えられてます。

 

『無職』から一気に社会復帰をするにも、そもそも社会に出たことがない

僕にとってレベル1でラスボスと戦ってくださいと言っているようなもので

裏ワザでもなければ勝てない・・・ここで気づきました。『裏ワザだ。

 

僕はどうしても「会社に就職しなければいけない」とばかり考えていて

お金を稼ぐためには「会社で働かないといけない」と思い込んでました。

 

でも、よくよく考えたら僕のことをレベル1だと思っていたのは僕自身で

実は、ある業界の人達からしたら僕はレベル5だったりレベル10だったり

するかもしれないと気づいて「じゃあ、相手を変えよう」となりました。

 

自分の得意な分野で勝負すれば勝率は上がると誰でもちょっと考えたら

わかることに手をつけてはじめたのが、今のフリーランスでした。

 

半ば「ならざるを得なかった」フリーランスでよかったなと思う点は

同じフリーランスの方であれば共感していただけることだと思いますが

「時間を自由に使えるようになった」これかな、と。

※そもそも2年間『無職』の僕にとって「時間を自由にも」何もないですけど。

 

何杯でもおかわりするほどに

f:id:nearpinlog:20180615214642p:plain

ラーメンの好みの味は何かと聞かれたらまず答えるのが『とんこつ』

細麺、濃い目。

一杯だけでお腹いっぱいになるけど、調子がよければ替え玉をする。

九州、福岡のとんこつラーメンは濃厚と聞き、日帰りで遊びに行き

屋台が並ぶ天神付近でとんこつラーメンを食べて帰ってくる。

こんな時間があるのはこの仕事だからかな。

とんこつのような濃い一日を、何杯でも味わえるよう日々頑張ろう。

一日何文字打っても思うこと

f:id:nearpinlog:20180614224954p:plain

こんにちは、ニアピンです。

ブログって続かないだろうなーと思って二日目を迎えました。

その日に思ったことを絵に起こしてそれをブログに貼りつけて

文章をちょっと書くと「お、それっぽいかも・・」と思って

ほかの方のブログを見ると「あ、全然ちげー・・」と見直す。

 

今回「タイピングは難しい」は、『寿司打』というブラウザ上の

FLASHタイピングゲームを遊んだことがきっかけです。

僕が小学校の高学年になってパソコンの授業が取り入れられた頃

友達が遊んでいる様子を後ろからじーっと眺めていただけで

実際に遊んだのは今日が初めてでした。高級コースが難しかった。

 

普段タイピング速度をあまり気にせず文字を入力しているけど

『寿司打』で自分のタイピングの今の実力を計ると・・・?

平均より少し上かもしれないけど、一般のライターさんからすると

めちゃめちゃ遅いと思います笑

思いのほかミスが目立って一回ミスすると焦ってしまったり。

 

何もタイピングの速さがすべてではないけど、効率を考えると

速いに越したことはないから適度に練習として利用しようと思う。

フリーランスで『食う』『寝る』『遊ぶ』はじまる

f:id:nearpinlog:20180613172725p:plain

ブログをはじめたきっかけ

はじめまして、フリーランスとして活動しているニアピンといいます。

フリーランスとして活動する日々をイラストを添えて更新していきます。

主にライターの仕事をしていて、イラストは始めたばかりですが

絵の上達を兼ねて一記事につき一枚掲載するようにしていきます。

なるべく毎日、忙しい時でも3日に1回は記事を書くように心がけて

継続して読んでもらえるようなブログにできるよう頑張っていきます。

 ・使用しているイラストレーションソフト

CLIP STUDIO PAINT PRO

CLIP STUDIO PAINT PRO